ネジがない

後先を考えない、計画性がないのが特徴の私であります。

もう、30分くらいで、区民企画講座の提案書を書き上げて、提出してきました。

先のことは、わからないです。

1か月後くらいに、第二次審査があるようです。

そのときまでに、YouTubeに、代表作をアップしておいて、HPを、ニューバージョンに更新しておかないと。

今日、やるかな。

今晩は、建物の管理組合の会合があります。

設備部会の私は、今日は出席して、少しはお役に立たないといけません。

まぁ、カートリッジは合うねじがないので、今日は取り付けられませんね。

まぁ、ハイレゾ自然音はまじめにやる気があるのか、信頼性がないところがありますが、ここらで、広く世に問うことにいたしました。

区民企画講座は、ハイレゾ録音入門(ハイレゾ自然音のすすめ)であります。

ikuyan節、全開ですからね。

これで、世の中大丈夫なら、自分も絶対大丈夫だと、妙な自信が生まれてくるところが、私のいいところらしいです。

でも、最後のところで壁にぶち当たったときの、突破力は一番大事なんですが、そここそが、最大のポイントなのに、あまり参考にされないなぁ。

まぁ、「シルクの里」のエンターティナーなウグイスさんの録音がありますからね。

とりあえずは、ハイレゾ自然音を聞いて、α波を出しましょうというのは、どういうことかというのが、HPから、ダウンロードして、聞いてもらえれば、試してもらえますからね。

それで、ハイレゾ自然音講座を始めることにしました。

まぁ、私は、生活力は案外ありますから、区民企画講座は、もっと区が援助する必要のある講座に使うから、あんたは、文化センターの部屋を貸したげるから、好きにやりなさいとか言われるかもしれません。

まぁ、他人様の評価が、自分の評価というところは、たしかな話しですね。

でも、まだ、世界は、ハイレゾ自然音を知らない、という段階でありますからね。

まぁ、レコードを聴いて、α波を出すんだというのも、やっているわけですから、応用範囲は広いですからね。

もともとの、1/fゆらぎの理論は、ノーベル賞を取るなぁ、と言われつつ、実用化しなかったのです。

まぁ、1/fゆらぎの扇風機とか、山ほど商品化しましたけれど、駄目なんですね。

もう、味の素では、鰹節と昆布でだしを取ったのにはかなわないみたいに駄目なんです。

それで、私は、だしを保存するみたいに、ハイレゾで保存してみたらどうかと実験中ですね。

まぁ、私については、このいい加減さが、たまらなくいいんですね。

おそらくは、開発者の私より、私の講座の受講生さんの方が、はるかに、成功しますね。

もうかりますね。

それで、いいんです。

私は、基本、学者なんで、研究者として評価されればいいのでして、金もうけは気にしてないですからね。