日本人の半分は地獄に行くと言われている。地獄って本当にあるの?【霊的世界のほんとうの話】地獄という世界は、実際に存在しています地上への執着」を強く持つ魂が行く世界。地獄にもさまざまな段階がある - 世界中で起きている異常気象の原因を探る。このブログを読めばわかります!

https://happy-science.jp/info/2016/17278/

A.地獄という世界は、実際に存在しています。

「地上への執着」を強く持つ魂が行く世界

非常に厳しい事実ですが、そういう世界が現にあるのです。

地獄界は、地上世界に極めて近い世界だと思ってよいでしょう。

地獄界にいる住人たちは、もちろん、肉体はすでになく、この世のものではありませんが、まだ地上への執着を非常に強く持っていて、どうしても魂として純化できないでいる人たちなのです。

つまり、「この世界の人々は、まだまだ霊として十分に目覚めていない」と言ってよいでしょう。現に地獄にいる人たちの話を聞いてみても、自分が死んだことすら知らない人が大部分です。

なかには、自分が死んだことを知っている人もいますが、「どのようにしたらよいのか。自分たちは、今、どこにいるのか。何をなせばよいのか。何が違っていたのか」ということを分からない人が大部分なのです。

地獄にもさまざまな段階がある

この地獄世界にも、心の波動に応じた、さまざまな段階があります。

例えば、比較的上層の世界には、闘争や破壊を中心に生きた者たちが行く阿修羅地獄や、男女の道を誤った者たちが行く色情地獄などが存在しています。

また、詐欺、殺人、傷害、強盗などを行った者たち、いわゆる犯罪人たちの行く世界がありますが、それも程度に応じて段階が違っています。

地獄の最下層のほうには無間地獄があり、そこには、思想的に、あるいは宗教的に人々を間違わせ、狂わせた人々が行っています。

霊の世界は、殺人などの肉体的な間違いや物質関係での間違いよりも、「人の心を狂わせる」という罪を最大の罪としています。

さらに、主として無間地獄を中心に発生した、魔界というものがあります。これは、地獄の魔王たち、サタンたちが住んでいる世界です。

あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part1-Chapter2「天国・地獄のほんとうの姿を知ろう」を元に作成しました。